なんだかんだ言って、マフラーも6本目(驚
貸してくれた皆様に感謝です。

そろそろ自分でもまともなマフラー欲しいぞ!ってことで、ず〜〜〜っと欲しかったover管をついにGETっ!!
これコマジェ買った時から欲しかったんだよなぁ。。。
チタンサイレンサーに好みのオーバルデザイン。 高級感漂う質感。。。 極めつけは愛国心を掻き立てる日本国旗ッ!!(爆)
とにかくレーシーな見た目に100点満点ッ!!って感じ。
値段は0点。。。(6諭吉って!!)

まず音ですが、チタン独特っていうのかなぁ、高音系で弾ける音です。
言葉ではうまく説明できませんが、良く言うとレーシー、悪く言えばベリベリ音って感じ。
個人的には最初は抵抗あったものの、慣れたのかなんなのかわかりませんが、レーシーな音質に惚れてしまった(ぷ
まぁ、とにかく走り出すとやる気になる音質なのは確かです。

で、音量。
これは人によって感じ方が違うと思いますが、一般的な社外マフラーと比べていうと、うるさい部類に入ると思います。
Mana−Tuneマフラーに慣れた自分的にはまだまだかわいいレベル。 っていうか足りねぇーぞ!(ぷ

最後に性能。
これはまじで良いと思います。
高回転域は特に最高で、一気に吹け上がる様は圧巻ッ!!
サイレンサーの構造を見て(ストレート)心配していた下も思ったよりトルク感があって、zesta的にはバッフル無でも全然問題ない感じ。(バッフルなんてつける気ゼロでしたが。。。)
  これは嬉しい誤算ですな。
お決まりの某所タイム測定でも良い記録出してますんで性能は間違いないと思います。

他の装着者の方も書いてますが、高回転よりの高性能マフラーって感じですな。

その後。。。



ワンオフバッフル装着しました(爆)
なんで装着したかって? 欲を言わせてもらうと、やっぱ少〜し抜けすぎだった(問題ないっていったやん!?)ぷ
最初は汎用の物をそのままつけて試したんですが、汎用のものだと絞りすぎというか、自分的には不満でした。
低回転域は確かに良い感じなんですが、高速域の抜けはかなりスポイルされちゃう感じで。。。
それとハッタリ重視のzesta的には音も悲しい結果に。。。
サイレンサーも異常なくらい熱を持つようになって、水温もバッフル無の状態に比べるといつもの道で10度近く上昇。
さてどうしよう。。。

あれこれ考えた結果、自分の理想のバッフルを作っちゃえ!!ってことで、Mana−Tune技術主任の三浦氏にバッフルの穴をでかくしてもらった。

装着後は、かなり良い感じに。
overの「もう少しだけ抜け抑えて欲しい!!」っていう贅沢な悩みも解消し、音もしょぼくならない程度でこれまた良い結果に。
これはかなりHITですッ!!
低回転域〜高回転域まで全域で良い感じのマフラーになりました。
三浦さ〜ん、ありがと(はーと

special thanks 三浦さん





ページTOPへ




知る人ぞ知る謎のメーカーMana−Tuneの最新作(笑)

まず音量ですが、一般の人には大きいと感じる音量かもしれませんが個人的にはちょうど良い感じ。
簡単に言うと。。。並以上爆音未満って感じかな?(謎)
音質は流石Mana−Tuneッ!! 重低音で良い音を奏でます。

っというわけで音に関してはほぼパーフェクト。 流石ッ!!

性能に関しては、各方面からバッシングを受ける事の多い(?)Mana−Tuneですが(笑) 真相は如何に!?
ってことで、いつものテストコースで実走チェ〜〜〜ックっ!!

低速域はもう少し絞ったほうがトルク感はあるけれど、不満が出るレベルではない感じ。
抜け命のMana−Tuneにしては低速域も良い方かな? 気持ち良い音に酔いしれて騙されてるのかな???(爆)
高回転域&最高速に関しては、想像以上に良い感じ!!
上まで気持ちよく回ります(ほっ。。。)

カチ上げ気味のラインに、125ccとは思えない音質・・・  販売したら売れると思うけどなぁ(ぷ



special thanks Mana−Tune

 

ページTOPへ




コマジェ仲間のまなさかさんから譲ってもらったKERKERサイレンサーを、所有しているスパトラUSフルパワーのエキパイと組み合わせて装着しました。

ビジュアルはかなり好み。 きてます!!
カーボンで、軽いかち上げ気味だすぃ〜☆
旧式(?)KERKERのエンブレムもはったり仕様が大好きなzesta君を満たしてくれます(笑)

次に音ですが・・・
音量は爆音好きな自分がいうのもなんですが、デカイです!!
まぁストレートなんで当然ですが(汗)

音質は・・・
エンジンかけた瞬間・・・
痺れたぞ、オイっ!!  
音割れもなく濃厚な重低音炸裂ッ!!  とりあえず125ccとは思えない音を奏でます。 良いわぁ〜。

最後に性能ですが・・・
これは厳しい感じです(爆)
装着前から想像していたものの、やはりというか抜けすぎですねぇ。

全体的な感想は、性能以外に関してはビジュアル・音・共に自分の理想に最も近い感じかな。
かなり強引な取付なんで短期間のお試しになりそうですが、やっぱりマフラーはカーボンじゃぁぁぁっと再確認。
黒くて太くて長いのが良いわん♪(謎)

さて、このサイレンサー、次はどこに嫁に行くのかな???



special thanks まなさかさん 三浦さん

 

ページTOPへ




元ユーロマジェ乗りの方から期間限定で借りた知る人ぞ知るレオヴィンチ!!
ユーロマジェ用の物をステー加工で装着。(by一本止)汗
レオヴィンチってzestaは知らなかったんですが、色々調べてるとGPなどにも使われる名門マフラーメーカーらしく、しかもコマジェに装着してるのを見た事がないんで、優越感はあります(笑)

で、 まず性能ですが・・・
これ、間違いないですッ!!
タコメーターは10000回転(スパトラは9400で頭打ちしてた)まで確認し、最高速もハッピーメーター読みでぬあわkm以上を確認。 引っ張ればもう少し伸びそうだから怖い。(WR10×6個)
現在は更なる出足の向上を狙ってWR9g×6個(メインジェットは117.5)の仕様に変更。その結果、全域で良い感じに。(最高速は落ちたけど)
全域でフラットな特性で、街乗りでも扱いやすく、ここぞって時もストレスなく吹け上がります。
音に関しては、バッフル付で純正並みの静かさ。 バッフルレスでそこそこの音は出ますが、爆音マフラーに慣れた人にはちょっと物足りないかも。
でもでも音質はいたってジェントルで、良い感じの音を奏でます。
純粋に性能を求めたい人には本当オススメっ!!



special thanks 某Yさん

 

ページTOPへ




コマジェ乗りの方から納車前に譲ってもらった定番スパトラ。しかも爆音必死のUSフルパワー(^^;
性能云々よりもこのマフラーはやはり音でしょうッ!!
街中で聞き慣れた例の音ですが、125ccとは思えない図太い音を奏でます。 
今現在は皿8枚で様子を見ています。
とても心地の良い音で、街乗りレベルでは非常に扱いやすく良いんですが、ちょっと本気で走ると、このマフラーの形状からして高回転での抜けは頭打ちしちゃいます。構造上、一気に来る排気をケツに蓋して一気に押さえてるんだもん、当然ですな。
でもでも音は本当に気持ちが良いッ!! これはヤミツキになる(笑)
この音量に慣れると、次のマフラーも爆音モデルしかないっしょッ。!!
ちょっとエンドオーバルも試してみようかと思う今日この頃です(^^;

 

ページTOPへ





「記念すべき一本目ッ!!」の予定で中古で購入したはいいが、いろいろな事情で(?)装着を断念した爆音PG管ッ!!
不良品とかではなく、車体とマフラーをつなぐフランジ部分が溶接だったんです。(驚)
サイレンサーとエキパイも差し込み式ではなく固定式・・・
購入前に調べなかった自分が悪いんですが、ハンガーで堅めて、ローダウンサス装着のzesta号にはあまりにもリスクが大きいという某Yさんの一言で断念しました。

音量はかなりのもので、装着には多少の覚悟が必要です。(レンコン型バッフルあるけどね)
でもでもスクレス同様、無類のカーボン好きなzestaには猛烈にソソル一本だったんだが・・・
ってことで、オークションで100円〜GOッ!!(爆)

性能は未装着なのでなんともいえないんだけど、デザインは最高に好みだった。
どっかのメーカーさんから性能よくって、カーボンの高性能マフラーでないかなぁ・・・

 

ページTOPへ





ご存知ノーマルマフラー。
別名サツマイモマフラー(爆)
ちょっとビジュアル的に許せませんよね・・・
でもでも流石純正。 非常に低速域のトルク感アリアリで、性能的には意外に良かったですよ。 
高回転の抜けは悪かったですが、静かな音が良くって、ビジュアル的に許せる人ならあえて社外品に交換する必要はないんじゃないでしょうか。
しかし音も形も我慢の限界ってことで2号機では納車時からマフラーは交換しちゃいました。
そう。↑の画像は事故で廃車となった1号機の画像です。(泣)

 

ページTOPへ