ジレラ ランナー VXR200 インプレッション
ジレラ ランナー VXR200 フォークオイル交換





第4回 全開走行の前に。。。



慣らしも急ピッチで進み、それと同時に回転数のリミット上がるため、必然的に走行時の速度域も上がってきた。

上がれば上がるほど、フロント周りのクソさに我慢できないというか、安心して飛ばせない!

っというわけで、早速ですが、一番の不満を解消すべく、フォークオイル交換を実施しました。
(本当はマロッシのフォークに交換したかったんだけど、そんな資金もバイク購入したばかりなので無いんです。。。)

んで、交換&セッティングに関しては、コマジェ時代同様、プライベートでも親交の深い(?)M TUNEの元レースメカニック 某Y氏にカリスマセッティングお願いしちゃいました☆

ジレラ ランナー VXR200 フォークオイル交換
フロントばらば〜ら。
結構面倒臭いらしい。。。(人事w

ジレラ ランナー VXR200 フォークオイル交換 三桁km以上から振動が出ていたので、念のためバランスも取り直す。

ジレラ ランナー VXR200 フォークオイル交換
分解ッ!!
この後、酷かったフロント周りの原因判明。。。
かなりの時間を費やして、修正してもらう(嬉


ジレラ ランナー VXR200 フォークオイル交換 コマジェ時代同様、僕らのSILKOLENE(謎
何が良いのかは神のみぞ知る。。。w
ジレラ ランナー VXR200 フォークオイル交換


交換後。。。

超激変!!

ここまでフォークオイル交換で変わったのは初めてでしたね。

交換前とまったく同じコース(首都高)で挙動を検証したんですが、明らかに違うッ!!!
怖すぎてアクセルを戻した場面でも、安心してアクセルON☆
ふらついてた場面でも、車体は安定。

そう言えば、交換後セッティングをお願いしたY氏に
zesta 「変わった〜?」
Y氏 「いいから乗ってみろや! ( °Д°)y─┛~~~~プハー」

あの意味がやっと理解できましたwww
嬉しくて、首都高の路側帯からY氏に電話しちゃった程です(ノンフィクション)


交換前の状態は、とにかくフロントの設置感がわかり辛く、両手にタイヤから来るインフォメーションが本当にわかり辛かった。
路面状況が悪い道では突き上げも酷く、とにかく動きが悪い感じ。 しなやか〜に動かない(^^;
伸びたら伸びっぱなし! 縮んだら縮みっぱなし!! みたいな。。。
高速域は、3桁超えたあたりからなんともいえない恐怖感がドライバーを襲い、慣らしの最終章であるアタリ出しが出来ない!!(本当に怖いのよ。。。
しかも3桁以上の速度になると、ハンドルに振動も出てきて。。。

交換後は、とにかくショックがスムーズに動く! まじでしなやか☆
路面が悪い道でも、不快な突き上げ感はかなり減少。
伸びたら伸びっぱなしじゃなく、縮もうとする。
縮んだら縮みっぱなしではなく、伸びる努力をフォークがしてる。
当然といえば当然なんですが、その動きがよりクッキリ表れて、三桁以上〜の速度域での安心感もかなり変わりました。
高速域であった不快な振動も消え、も〜超満足。

多分、イタ車っていうのもあって、バラつきを考えると出荷時の個体差はあると思いますが、私の場合は本当に交換して良かったですね。

最初は、あまりにもフロント周りが酷いので、
「どうやってマロッシのフォーク資金捻出しうようか?」
ってなことを考えてたんですが、ノーマルフォークでもそこそこイケル事を知り、このまましばらくは頑張れそうです。(時間の問題かも?w)

 

ページTOPへ